多焦点眼内レンズについて 当院は多焦点眼内レンズによる白内障手術の先進医療認定施設です

保険適応

多焦点眼内レンズとは?

現在一般的に使用されている単焦点眼内レンズでは、ピントを調節することが出来ないため、白内障の手術後は必要に応じてメガネを掛けることが一般的です。 「多焦点眼内レンズ」は、レンズ1枚に複数の焦点があり、遠くと近くにピントが合うので、白内障の手術後にメガネを必要とする可能性が大きく減ります。


単焦点眼内レンズでの見え方
多焦点眼内レンズでの見え方

  • 多焦点眼内レンズは、すべての方に適応となるわけではありません。
    目の状態やライフスタイル、ご職業などによっては挿入できない場合もあります。
  • 暗いところで光がまぶしく見えたり、輪がかかって見えることがあります。
  • 眼鏡が必要でなくなることを保証するレンズではありません。
    手術後、場合によっては眼鏡が必要になることもあります。

詳しくは、医師またはスタッフまでお気軽にご相談ください。

先進医療 認定施設

当院は、多焦点眼内レンズによる白内障手術の「先進医療施設」として厚生労働省に認定されました。

先進医療とは、厚生労働省が保険適用外の先端的な医療技術と保険診療との併用を一定の条件を満たした施設にのみ認める医療制度です。
保険適応

手術前後の診察など
に保険が適応できる
ようになりました。

また、民間の生命保険の"先進医療特約"の対象にもなり、先進医療に係る費用が全額給付されることもあります。

費用について

先進医療に認定されている施設の場合【当院】

先進医療に認定されていない施設の場合

奥村眼科のご案内
[ 診療時間 ]
月・火・木・金 9:00-12:00
16:00-19:00
水・土 9:00-12:00
休診日 日曜・祝祭日
手術 火曜日午後
[ アクセス ]
〒663-8126
西宮市小松北町1-1-27
エムプラン小松ビル202
地図はこちらから
[ お問い合わせ ]
0798-40-2625
メールフォーム